求人詳細

現場ごとに異なる看護師の魅力を知ることで働く意欲を高める

看護師の多様な活躍ができる現場の分類について
看護師というと医療機関のみで勤務する職業と思われがちです。しかし、実際には多岐にわたる分野で活躍する職業なのです。基本的には病院やクリニックなどの医療機関勤務ですが、老人保健施設や特別養護老人ホーム、在宅介護などの福祉分野での活躍の場も増えてきています。しかし、それだけではありません。保育園や製薬会社にも勤めることができるなど、働く環境を自分なりに選択できる職業なのです。

医療で活躍する看護師の業務について
医療業界で活躍する看護師の業務といっても、配属される科によっても業務内容が異なります。一つの病院でも外来・入院・術場など様々な分野が展開されていますので、自分が働きたいという意向をしっかり固めて業務につくことが、専門性を活かした看護サービスの提供にも繋がります。基本的には法にのっとって、看護サービスを患者に提供するというのが大きな役割であることは共通しています。勤務のスタンスによっては夜勤が発生しないなど、生活状況に合わせて柔軟に検討することができるのも看護師シフトのメリットです。自由に組み替えができる機関が多いため、プライベートを重視しながら仕事に臨んだり、体調に合わせて出勤回数を限定したりして働くこともできます。

福祉で活躍する看護師の業務について
看護師が活躍する分野のもう一つの主軸が福祉の分野です。最近は高齢化がどんどん進み、老人保健施設や特別養護老人ホームなど、多くの高齢者が生活の拠点として自宅以外で健やかに生活できるようなスタイルが展開されています。グループホームや看護師が常駐し管理しているケアハウスなども、福祉の発展による成果です。最近は在宅での介護を支援するために、栄養士や歯科衛生士などとチームを組んで、栄養管理などにも積極的に力を入れている施設も多くなっています。医療業界に比べて視野が大きく、広がりを見せることに注目を集めています。それが福祉で活躍する看護師業務の特徴です。