求人詳細

看護師としての成長を促す制度を活用したステップアップを図る

看護師が学校で学べるものとそれ以外の環境を知る
看護師として従事するのであれば、高度な専門性を活かした業務内容をこなすことによって、質の高い医療サービスの提供に役立ちます。看護師になるためには大学や短大、専門学校などで学び、基礎的な知識や、実習による経験を通して、看護師としての志を培います。しかし、それだけでは現場で機能するにはまだまだ経験が足りないため、専門性を身につけた専門職としての機能を果たすため臨床の現場で場数を踏むことが重要です。実質的な経験は現場で積み重ねるものですが、専門性の高いサービスを追い求めるのであれば、日本看護協会が認定する民間資格や専門看護師や認定看護師という資格を取得するのも一つの手です。他にも医療環境管理士という資格も日本医療環境福祉検定協会にて取得することができ、院内感染に対する専門性を活かすことができます。こうした学校では学べない高度なものも、看護師としての資質を高める要因に繋がっています。

専門看護師の取得で質の高いサービスを提供する
専門看護師の資格を取得するためには、看護師の国家試験に合格し免許があるというのが大前提です。加えて、指定校での単位取得や専門分野での3年以上の実務経験を含めて、通算で5年以上の経験年数が必要となります。 専門看護師は看護ケアについての調整を図るための知識や技術を学ぶことができるため、職場によっては専門看護師を取得している人材を管理職としておいているところも多くなっています。現場に出てから取得することが許されるため、更なる高みを望んでいる方には最適です。

認定看護師の取得が仕事の充実度を変える
日本看護協会が認定する民間資格のもう一つの中核にもなっている認定看護師は、患者に対する看護のスペシャリストとして機能するために必要な資格です。専門看護師は人材育成の分野に長けている専門職でありますが、認定看護師は患者サービスという観点から大きな強みとして利用することができます。資格の取得条件は、看護師の国家試験に合格し免許があるのは専門看護師と同様ですが、3年以上の認定看護分野での実務経験を含めて5年以上の実務に至ることが必要です。更に、認定には指定教育機関で連続して半年以上の教育を受けることが必要となります。こうした高度な専門性を高めることによって、仕事の充実度を大きくすることができるのが、看護師としての成長を図るきっかけにも繋がります。