求人詳細

看護師の国家試験に対する状況を理解して確実な合格をつかみ取る方法

看護師の免許が取得できる国家試験について
看護師になるためには法で定められた養成機関で学習を積み、国家試験に合格することによって看護師の免許を受けることができます。したがって、資格を取るためには絶対条件となる国家試験対策をしっかり固めるだけでも、合格率を高めることができます。看護師の国家試験は100回以上の試験開催が行われているため、過去の傾向を加味した上で対策を立てることが重要なポイントとなります。

看護師の国家試験合格基準を知る
看護師の国家試験は1日で行われ、午前と午後に試験が分かれています。問題数は全部で240問が出題され、必修問題及び一般問題は1問1点、状況設定問題は1問2点が与えられます。必修問題は50問、一般問題は130問、状況設定問題は60問が出題されます。看護師の国家試験は、必修問題で50点中8割の正解が合格基準となります。また、一般問題及び状況設定問題は250点中6~7割強の正解が合格のボーダーラインとされています。看護師の国家試験に合格するには、必修問題と一般問題及び状況設定問題のどちらも合格基準を満たす必要があります。

看護師の国家試験で合格を得るための対応策
看護師の国家試験対策としては、過去の問題を参考にしつつ、新たに加えられた内容についても把握する必要があります。医療は日々進歩を遂げているため、看護師の国家試験で合格するためには、時代に即した新たな知識を習得することが必要になります。看護師の国家試験で必修問題は40問以上の正解が必須ですので、過去の傾向に添って学習することが重要となります。必修問題は看護師になるための基本的な知識が詰まっているため、国家試験でも最も厳しい正答率が求められます。また、一般問題についても確実に点数を稼ぐために過去の例を参考にしながら、広く専門的な知識を習得しなければなりません。状況設定問題は配点が2点と大きいため、看護師の国家試験で合格のボーダーラインに達するためには重要な役割を担います。このように、それぞれの問題に対する対応を考慮して学習することによって、看護師の国家試験で高い合格率を得ることができるようになります。