求人詳細

施設のケアマネージャーの違いと、総括

介護保険施設等でケアマネージャーを行う場合
今までみてきたケアマネージャーとは、主に居宅介護支援を行っている方に該当するものですが、介護保険施設等でケアマネージャーを行う場合、課程が少し違ってきます。しかし、基本的な考え方は一緒です。

どんな課程が違うのかと言いますと、居宅の場合は、アセスメントのもと、どの様な介護サービスを受ければ良いのかというのが決まった後、そのサービスを受けるには、サービスが提供される場所に行かなければなりません。これは、デイサービス等の様な通所系の事ですが、もちろん、自宅に来てくれる訪問看護の様な訪問系のサービスは、自宅で受ける事が出来ます。しかしいずれにしても、それぞれのサービスを行う事業者は、普段は別々のところにいますよね。ですから、ケアマネージャーが、定期的なカンファレンス(会議)を開こうとした場合には、各事業所に通知を出して、日程や時間を調整しなければなりません。もちろん、都合が悪く欠席される場合もありますから、その様な場合には意見等を書いてもらい、そのカンファレンスの場で紹介する様な書類を使う事になります。これが、施設になりますと、医師以外の全ての職種が施設内にいる訳です。変な話、いつでもどこでも、聞こうと思えば専門分野の意見を聞く事が出来ます。これは非常に大きな強みです。ケアマネジメントにおけるサービス計画の作成とは、アセスメントから始まりサービス計画の原案立案、カンファレンス、計画の決定、説明・同意、サービスの実施、そして結果のモニタリングという一連の流れを踏んでいきますから、一つの施設内でこれが完結してしまうという課程は、施設独特のものであり、その分、入所者のニーズの変化や状態の変化に応じたサービス計画の修正等に、迅速に対応できると言えるでしょう。

ケアプランの作成だけが仕事ではない
居宅であっても施設であっても、ケアマネジメントに共通するのは、ケアマネージャーとはケアプランの作成だけが仕事ではない、という事です。今までみてきた様に、その方の生活そのものを支えるのがケアマネジメントですから、サービス計画というのは、その支え方を単に書面にしただけに済みません。支え方自体が大切ですから、書面にするまでの期間に相当の時間を使って情報を収集し、その情報を分析するのにも時間が必要な訳です。この、情報を集め、そして分析する力というのが、ケアマネージャーの各自の力量によって差がある、と思っていただいて良いでしょう。

ケアマネージャーだって人間
ケアマネージャーだって人間です。自分の生活もあれば、家庭もあり、弱さもあり、完全では決してありません。とかく介護保険においては、法律で定められているケアマネージャーの役割が大きいために、色々な事をケアマネージャーの責任にしがちですが、ケアマネージャー一人に出来る事なんて限られています。医療がチームプレーである様に、介護だってチームプレーです。ですから、理解し、協力してくれる人が、事業所が、団体があって初めて、ケアマネージャーの役割が活かされていきます。ここを忘れてしまうと、大切なものを見失ったままで高齢者と向き合う事になり、後悔してもしきれない様な大きなミスを犯してしまう結果にもなりがちです。