求人詳細

看護師としての専門性を武器にして働く環境の満足度をアップさせる

看護師の専門性を最大限発揮する職場環境を割り出す魅力
看護師の国家資格を取得しても、自分が希望する専門性を高めることができなければ、仕事に対するモチベーションがダウンしてしまうでしょう。まずは求人広告などをみながら、どのような配属になるかを確認することによって、働く環境作りをすることができます。誰でも簡単に情報収集ができるからこそ、自分が希望するスタンスで働くことができる環境設定が重要です。後々専門看護師や認定看護師などの上位のステイタスを手に入れるためにも、それなりの環境設定を行う必要性があります。職場環境の割り出しは簡単に行なえるため、自分の専門性を最大限活用した業務につくことを実際に勤務する前から確認することができます。

看護師の専門性を向上させる制度について
看護師として国家資格を取得したとしても、新たな成長のために収入のアップを図ることができるようになっています。向上心をもって臨むことができれば、臨床でも必要とされるステイタスを手にすることができるようになります。看護師は国家資格の他にも、日本看護協会が認定する専門看護師という資格が存在します。他にも認定看護師という資格も存在し、人材育成や技術向上に役立っています。こうした専門性を向上させる制度を活用することで、資格手当の増額をしてもらうことができたり、管理職の選定を行う際にも有利になったりします。もちろん、患者に対するサービスの充実にも大きな役割を果たしています。

豊富な専門看護師の種類について
看護師の国家資格を取得した後に専門性を高めるには、指定校での単位取得や専門分野での実務経験を加えることによって、専門看護師という資格を取得することができるようになります。種類も豊富で、認定見込みを含めて、がん看護、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、急性・重症患者看護、感染症看、家族支援、在宅看護の専門看護師が存在します。認定看護師については、更に指定教育機関での連続して半年以上の教育を受けることで、免許の取得ができます。分野も多く、救急看護、皮膚・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護、新生児集中ケア、透析看護、手術看護、乳がん看護、摂食/嚥下障害看護、小児救急看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、がん放射線療法看護、慢性呼吸器疾患看護、慢性心不全看護が存在します。こうした専門性を活用した看護をウリとしている施設も年々多くなっているのが現状です。