求人詳細

ケアマネージャーとは、自立に向けたケアマネジメントを行うための専門家

ケアマネージャーとは?
ケアマネージャーとは、ご存知のとおり正式には「介護支援専門員」の事です。文字通り、ある一人の介護が必要な方が生活をおくるための支援を行う専門のスタッフ、という事になります。ここで重要なのは、生活をおくるとは単に命をつないで日々を過ごすだけではなく、もっと重い意味があります。有名な、介護保険法第一条には次の様にあります。

介護保健法第一条とは?
『この法律は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする。』

キーワードは自立
国の定める法律というのは、なぜこんなにも解りづらく、しかもまわりくどい様な感じがするのか…。簡単に言えば、何かしらの原因により自分一人で今までの生活が続けられなくなった人が、人間としての尊厳を維持しながら、残されている心身機能能力を活用して日常生活がおくれる様にするための支援を行える様に法律を定める、という事です。キーワードは「自立」。一般的には、人の手を借りずに自分一人で生活出来る事、という事になりますが、介護の世界における自立とはそれでは成り立ちません。もともと、自分一人で今までの生活がおくれなくなったから、介護を受ける訳ですから、人の手を借りずに…というよりはむしろ、適切に制度や人の手を借りながらも、その方が自らの意志で、自分の望む生活をおくれるために必要な手助けをする、という感じでしょうか。もともと、人間は必ず何かに依存している訳ですから、それを止めるわけにはいきません。介護が必要になればなおさらです。ただ、自分の残されている身体の機能だとか精神的な思いだとかを使わずに、全てを他人に手伝ってもらってしまうと、どんどんと自らの意欲がなくなり、より依存度が増えていってしまいます。しかも、介護が必要な状態で依存する訳ですから、元気な人が依存している様な物的環境が使えません。それを補うために介護保険サービスがあるのであり、介護保険サービスではなくても使えるものは今までどおりに使えばいいわけですから、何も介護保険の中だけに限られた事ではなくなります。その様な支援をトータル的にプロデュースしていく事を、「ケアマネジメント」と呼びます。こうする事により、出来る限り自立した生活をおくれる支援となる訳です。