求人詳細

看護師として働くためのプロセスを知って最短での資格取得を目指す

看護師になるための基本的な条件を知る
看護師になるためには国家試験に合格する必要がありますが、その前に看護学校に通うことが必要になります。大枠としては看護大学、看護短大、看護専門学校が存在します。看護大学では4年間、短大と専門学校では3年の学習が必要となります。最近では奨学金制度なども存在するため、他の業種の仕事をしている方が、看護師を目指して入学するというケースも増えています。生活負担分は自分で稼ぐ必要がありますが、学費は公的な支援で賄うことができます。最短で看護師の資格取得を目指すのであれば、短大や専門学校に入学してチャレンジすることが勧められますが、収入との兼ね合いを考えますと、4年制の大学に通っていた方が有利に働くことが確認できます。まずは国家試験に受かるための有利な環境が、今後の展開を踏まえると重要です。

看護師になるための国家試験を知る
看護師の国家試験を知ることによって、資格取得を確実に手にすることができるようになります。国家試験対策はインターネット上でも情報が公開されているほか、テキストでも詳細な対策を積むことができるようになっています。試験内容は大きく3つに分かれており、必修問題は50問、一般問題は130問、状況設定問題は60問の設定となっています。250点満点の試験では、全体の60~70%以上の正答率が合格には必要です。その他にも必修問題、一般問題、状況設定問題のどれもがボーダーラインを満たしていなければ合格としては扱われないのが特徴です。

看護師として働く場合の選択肢の豊富さも特徴的
看護師は専門性を活かして様々な現場で活躍することができる特殊な職業です。配属されるところによっても業務内容が大きく異なりますので、できるだけ魅力的な条件を探し出し、仕事に対するモチベーションを養うことも重要です。科によっても業務が異なりますので、自己分析を行いながら、職場環境の調整を図ることができるというのも看護師ならではの特徴です。働いてほしいと願いを込めて求人には様々な待遇を掲載しているところも多く、世間的にも看護師不足を痛感する体験として刻まれることも多々あります。勤務体系についての相談を行うことができる点でもメリットは大きいはずです。