求人詳細

作業療法士の将来性とは?

作業療法士は、医療機関{一般総合病院・精神病院、リハビリテーション・センターなど}が主な職場ですが、そのほかにも保健福祉関係機関、[肢体不自由者のための施設、養護施設、身体障害者更生施設などで働いています。しかし、そうした心身の障害者に対する治療や、援助のみならず地域での高齢者に対する機能回復医事訓練もなされています。特に、いわゆる寝たきりの老人等の減少を目指しているところから、介護労金福祉施設、介護老人保健施設などで、リハビリテーションを行い、個人の家庭内での寝たきり老人のリハビリテーションを訪問看護サービスなどで行うなど、日常動作の機能回復を図る作業療法士は、将来的にも今後ますます必要になってくることは間違いないでしょう。

今後高齢者時代が加速することが予想され、益々作業療法士の知識、技術が世の中で必要とされて来るでしょう。これからも多くの人たちが、作業療法士となって、多くの身体障害者の力になってくれることを社会は望んでいます。また現在の作業療法士養成課程は、専門学校、短期大学、大学、大学院修士課程、大学院博士課程があり、境域者、研究者としての道も開かれています。国や都道府県レベルの研究者に、研究者として勤務する作業療法士もいます。保健・医療・福祉関連企業に勤務し、医療・福祉関係の企業を経営している作業療法士もいます。

このように実際の職域は多岐に渡っていますが、こうした分野に予算を投入、今後人材の育成を図ることで、将来はより良い福祉サービスが受けられるよう求められています。今後の作業療法士は、リハビリテーションの諸分野において、患者と全人間的にかかわり、総合的な治療を提供する、中心的な存在として発展していくものと各方面から期待され、様々な作業活動を通じて、社会生活の復帰を援助してくれることでしょう。