求人詳細

看護師が世間から求められている理由を知って資格取得に前向きになる

看護師が不足している原因を知る
看護師の仕事は夜勤など、交代しながら勤務につくというスタンスが多く、生活のリズムが取りにくいことから、結婚や出産など、生活の変化を迎えることによって、仕事の継続が難しくなってしまうケースが存在します。独身者として働く場合と、既婚後の対応では大きな差が生じているからこそ、看護師の不足が世間的にも拡大しています。しかし、最近は医療機関で保育所を完備していたり、夜勤をせずに日勤だけの勤務を行ったりするなど、勤務に対する調整が行われつつ、歓待するスタンスを受け入れ側の姿勢としてウリにしているところも存在しており、一昔前の労働環境に比べますと、自由度が高い設定に変わっているのが現状です。潜在看護師が日本国内に多く存在する理由としては、こうした変化を知らないまま、一度現場を離れてしまってから新たな情報を収集していないことによる、労働環境の誤認が大きな原因であると考えられています。

医療制度における看護師の必要性について
最近は看護師の配置状況によって、病院側の収益にもなる診療報酬の徴収額が異なるようになっています。患者に対する看護師の配置割合を算出することによって、企業利益が大きく変わるのが現在の医療制度の特徴です。だからこそ、多くの医療機関が看護師の充足を図るために、追加で求人を募集するなどの対応に追われることにも繋がっています。看護師がいなければ医療行為が成り立たないという最悪の事態を招くこととなり、病院の収益にも大きな打撃を与えることとなります。だからこそ、看護師を何とか確保できるようなメリットを打ち出すために、診療報酬という形で施設側の雇用に対する柔軟性を検討する支援を行っています。

看護師に対する待遇の変化について
看護師が施設側も必要としている状況を踏まえて、少しでも働きやすい環境を考慮しているのが最近の動向になっていますが、給与待遇のみならず、勤務時間に対する調節も受け付けているところも多くなっています。夜勤のみの従事など、特殊な勤務環境が呈示されている求人もありますので、収入の状況を踏まえた環境の検討もしやすくなっています。また、長きにわたって働いてもらえるように、新人看護師に指導者が1人つくプリセプター制を導入しているところも多くなっています。こうした待遇を見直すことによって、看護師が働きやすい環境を調整しています。