求人詳細

作業療法士の就職活動のポイント

リハビリテーションの一役を担う作業療法士の職場は、今や大きく拡大し、公民共、専門性の高い作業慮法仕を受け入れるところが多くなっています。

特に病院、福祉施設では欠かせない存在となっています。作業療法士は、理学療法と同じリハビリテーション系統ですが、仕事の内容と役割が相当違います。ただ理学療法の後を受け継いで、作業療法に取り組むケースが多く、働く現場は似通っています。こうした病院関連だけでなく保健所や、身体障害者授産施設、肢体不自由者厚生施設、身体障害者療護施設、特別養護老人ホーム、老人デイサービスセンター、内部障害者厚生施設などありますので、自分のライフスタイルに合った職場を選択してください。

大半の人が大手の病院や診療所を目指しますが、就職して、すぐに転職する人が多いようです。その理由に挙げているのが待遇面よりむしろ人間関係の悩みが多いようです。こうした面を解消するのは、就職先の情報を細かな面まで収集することが大切です。その企業が自分に合っているか、待遇面はどうか、将来性などきめ細かくリサーチすることが就活のポイントと言えましょう。そしてもう一つ大事なことは、自分自身の将来のビジョンを明確にするということでしょう。作業療法士として今後どのような方向に進むのか、スキルアップして、理学療法士の免許を取って、どのように進むかと言った自分自身のキャリプランを立て、それを明確化することも大切でしょう。

と言いますのは、最近の傾向として、複数の資格を要求してくる企業も増えていると言います。複数の資格があれば就職には大変有利と言えましょう。作業療法士として独立して頑張っている人もいます。あらゆる面で、国家資格を活用するのも就活のポイントと言えるでしょう。