求人詳細

ケアマネジャーの仕事内容

ケアマネジャーの仕事で重要なのは、ケアプランの作製です。介護が必要だという認定を受けた「要介護者」や、家族からの依頼を受けて、心身の状況などに応じた、適切な居宅サービスや、施設サービスを利用できるように、介護のプランを立てます。このケアプランを実行するために必要なスタッフを招集し、サービス担当者会議を開いて、ケアプランを検討します。そのほか、介護相談に応じて、助言・指導を行ったり、社会資源について情報提供を行っています。

また市町村から委託され、介護認定のための訪問調査を行う業務もあります。ケアマネジャーの働く場所は、設置基準として、ケアマネジャーを配置することが定められている施設です。指定居宅介護支援事業者、介護老人福祉施設、介護老人保護施設、介護療養型医療施設、チホ対応型共同生活介護{グループホーム}などです。

この施設で、ケアプランの作制、介護相談、介護支援サービスのコーディネーター、などの業務に携わっています。一般的に知られているケアマネジャーのイメージは、高齢者の家を訪問している姿。介護保険制度そのものが、高齢者が自宅で自立した生活を営めるように、支援するという考えのもとに立っていますので、介護保険制度と切り離すことはできないケアマネジャーのイメージです。

どんな仕事でもうまく運んだ時、喜びを感じるでしょう。特にその成果を分かち合える人がいるときは、その喜びが2倍にも3倍にも膨れ上がります。ケアマネジャーの仕事はその典型と言えます。「そこにやりがいを感じ、この仕事をやってよかった」と言うケアマネジャーに大勢会いました。

そして「大きな成果が表れなくてもいいのです。小さなことでも利用者の皆様が喜んでくれる姿を見るのが、わたしのやりがいです」と語る若いケアマネジャーの姿が印象的でした。