求人詳細

ケアマネジャーの将来性について

介護保険制度と共に誕生したケアマネジャー。当初は、理解しにくい側面もありましたが、ケアマネジャー一人一人の努力で、今では市民権を得、やりがいのある憧れの職業として注目されるようになりました。そうした背景には、日本の超高齢化社会があります。2015年には総人口に占める高齢者の割合が26.0%、2050年には、35.7%になると予測されています。

こうした高齢者の増加に比例して増えるのが、障害や、疾病、特に認知症と言われる病気のため、誰かに世話してもらわなければ生きてゆけない「要介護」者の人たちです。誰もが望むのは、家族に介護してもらいたい、ということです。しかし現実は家族だけではとても無理で、介護のプロに頼まざるを得ない状況です。今後益々超高齢化社会での、ケアマネジャーの存在が、ますます重要になってきます。それだけにケアマネジャーは、より高い専門性が要求されます。介護保険の創設で、行政の「措置」から利用者の「選択」の時代に一大改革した福祉業界は、今後様々な異業種からの参画があるでしょう。

ケアマネジャーが持っている資格の中で、一番多いのは、看護師、次いで介護福祉士などですが、最近は、看護師と介護福祉士や、社会福祉士と言うように、医療と福祉両方の資格を併せ持ったケアマネジャーが多くなっています。今後もこの傾向は増えていくのは間違いないでしょう。現状の制度では、40歳を超えると介護意保険制度が優先されます。ですから将来のケアマネジャーには、障害者福祉を含め、もう少し広い知識が求められ、専門ケアマネジャーと言うような、資格が出てくるかもしれません。

そうした時代の到来を予測して、今の内から自分の得意な分野で、専門性を高めていくことをお勧めします。またケアマネジャーの中には、組織に縛られずに、自分だけで仕事をして、行きたいと考えている人も大勢います。独立開業することです。現在少ないですが実践して頑張っている人います。この傾向は将来増えていくのは確かでしょう。