求人詳細

ケアマネジャーの就職活動時のポイントとは?

ケアマネジャーは、もともとベースとなる資格を別に持ち、すでにその資格を活かした業務についている人が多いため、最近では、専属の常勤ではなく他の職種との掛け持ちによる非常勤形態による雇用も多くなっています。ケアマネジャーの働く場は、年々大きく拡大しています。超高齢化が進む日本においてその傾向は、ますます顕著なものになるでしょう。

その点就職活動は有利になりますが、それだけ社会的な責任を負わなければなりません。ケアマネジャーは、常に介護を必要とする、社会的弱者を支援の対象にしているため、相手の立場に立つことができる思いやりと、優しさ、細やかな配慮が必要とされています。同時に、地域で活用できる保健・医療・福祉のサービスを組み合わせ、連携させていくための知識や、大きな視野、判断力も必要とされています。

就職する時の大きなポイントは、このような独特の立場に立つケアマネジャーに必要とされる基本姿勢を持つことと言えましょう。もう一つの就活ポイントは、ネットの求人サイトを利用する場合は、できるだけ大手のグループが運営しているサイトを選ぶことが肝心です。それは信頼性だけでなく、非公開求人情報を数千社保有しているということです。無料登録すると、全国の求人企業を閲覧させてくれます。そして求人サイトは、一社に偏らず、4~5社同時に活用することをお勧めします。これは複数の会社の比較ができ、自分のライフスタイルに合った就職先を見つけることができます。

これがすべて無料でできますので、ネットを活用する場合の必須項目です。現在「介護難民」と言われるように、介護を受けたくとも受けいれない人が多く、この現象は、高齢化社会が続く限り、ますます顕著になるでしょう。ケアマネジャーの不足は、これからも続くと思われます。が、一方では、これだけ難関を突破して、ケアマネジャーになっても、それに見返るだけの待遇は与えられていないという声もあるのは確かです。この業界は、転職が多いのもそうして理由があるからでしょう。