求人詳細

ケアマネジャーに求められる資質とは?

ケアマネジャーに求められる資質は、多岐に渡っています。それだけ期待されていると思わねばなりません。まずは的確な分析力、計画力、管理能力、と言った能力的のものから、思いやり、温かさ、明るさ等々、様々な分野で必要となります。そうした中でも最も必要とされるのが、コミュニケ―ション能力と言えましよう。

どんな人でもこのコミュニケーションを取るということは、簡単なことではありません。まして利用者の大半は、人生の大先輩です。中には自分の孫や、子どものように接してくれる利用者の人はいますが、無視したり、反発する人も珍しくありません。そんな中でのコミュニケーションを取ることは、容易ではありません。そこにケアマネジャーとしての資質が問われます。つまりケアマネジャーは、ただマニュアル通りにケアプランを立て、介護サービスを提供するだけでなく、利用者一人一人の意向をくみ取り、利用者が望んでいる生活に、より近い日々を送れるようにケアプランを作成することが求められるのです。

そのためにも利用者とのコミュニケーションをとると言うことが大切になります。ケアマネジャーの資質は?と聞かれるといつも「誰とでもコミュニケーションを取れる人」といえそうです。このコミュニケーションを円滑にするためには、表面的な主役の座を、常に利用者にすること」とケアマネジャー歴10年のベテランが語っていました。

ケアマネジャーは、常に介護を必要とする、社会的弱者を支援の対象としているため、相手の立場に立つことができる、思いやりと優しさ、細やかな配慮が必要とされています。同時に地域で活用できる保健、医療福祉のサービスをうまく組み合わせ、連携させる能力も必要になります、これに伴う客観性、判断力も問われます。ケアマネジャーの資質はこのように多岐に渡った能力が求められる重要な仕事です。